戦争賛美だとかそういうんじゃ全然ないわ。ちゃんと戦争と向き合うべき。

映画自体はフィクションではあるけど、今の自分は70年前に戦ってくれた人たちがいるから

今ここに平和に生きていられるんだなぁとか色々思ってたら

最後の最後でメチャクチャ熱い終わり方して比喩とかじゃなく泣いた。

宮部さんカッコよすぎ。