WoWsで勝利するためには敵を倒す必要があります。
敵を倒すにはダメージを与える必要があります。
ダメージを与えるには主砲・魚雷を当てる必要があります。

という訳で今回は主砲の当て方についての指南記事を書いていこうと思います。


長くなりますのでお暇な時の時間潰しにご利用下さいませ。



●エイムとは
 Aim。直訳で「狙い」。
 要は敵の狙い方講座です。
 敵を狙う時は偏差が大変重要になってきます。


●偏差とは
 このゲームでは動いている敵を狙います。(たまに例外がありますが)
 敵が動いているという事は、離れている敵に対してその敵が居る位置に撃っても当たりません。
 その移動距離を予測してその位置に撃ちます。
 この予測して撃つ事を「偏差」または「偏差撃ち」と呼びます。
 WoWsにおいて、偏差の正確性は勝利を掴むための重要なカギになります。

 このゲームではmodと呼ばれるユーザが作成した拡張機能のようなものを使用する事が出来ますが
 偏差撃ちを補助するエイムアシストと呼ばれる類のツール(チート)が存在します。
 しかし先ほど述べたように勝利に直結する事項であるためゲームの規約上で明確に禁止されています。


●偏差の取り方
 前置きはこれくらいにして偏差の取り方について触れていきましょう。
 偏差の取り方には3種類あります。

 1、照準の距離を使う偏差撃ち
  →双眼鏡を覗いた時に出る距離の数字を基準に偏差を取る射撃方法

 2、着弾時間を使う偏差撃ち
  →弾着時間を見て○○秒後に敵が来る予定の場所に偏差を取る射撃方法

 3、経験による勘
  →歴戦の経験により、敵艦の速度と距離を見て「だいたいこのへんかな~」で偏差を取る射撃方法

 このうち、慣れればの話ですが一番強いのは3です。
 敵の距離と角度を見ただけで偏差が取れるため、目盛りを使う必要も着弾時間を見る必要もありません。
 私は3(尚、あまり当たらない模様)ですが、色々やってたら1がすごく強い事に気が付きました。(今更
 1は誰でも出来るような偏差の仕方ですので、是非習得しましょう。
 最終的には1と3のハイブリッドが最強だと思います。

 2については理屈は分かるのですが説明が出来ないので今回はスルーさせていただきます。
 申し訳ございません。

 という訳で1についての説明のみとなります。


●双眼鏡の距離偏差について
 本当に簡単です。
 13-0641
 対戦艦の場合、この照準の右下に出ている距離と敵の距離をあわせるだけで当たります。
 敵が巡洋艦や駆逐艦の場合、距離と速度に応じて少し多めに偏差を取る必要があります。
 (巡洋艦は1.2~1.5倍、駆逐艦は1.4~2倍程度)
 またこれは船の中心の距離なので、船首・船尾を狙う場合は微調整が必要です。
 敵が加減速を繰り返して回避する方法を取っていると当たりにくくなりますし、
 敵が転舵中の場合は正確な距離を確認する事が難しくなるのである程度の勘が必要になります。

 敵の向きがナナメを向いている時はこの方法だと偏差が取りづらいので、勘での偏差をした方が早いです。
 戦闘数を重ねていけば自ずと狙う位置が見えてくるので、一射一射を経験値にしましょう。


 そして高度になると以下の要素が含まれます。
 ・回避読み(転舵読み)
  →敵に射撃した際、回避される事を前提として回避後の位置を予想した場所に射撃を行う事。
   これが出来るようになると巡洋艦・駆逐艦の処理速度が格段に上昇し、通報をもらう事が出来る。
   (F●ck! Enemy BB is cheat player!)

 ・煙幕撃ち(煙幕に向かって撃つ方)
  →煙幕に隠れている敵の位置を発砲火から予測。距離をあわせて射撃する事。
   ロックオンによる集弾がないためなかなか当たらないが、
   イギリス軽巡なんかだと適当に当たっただけでバイタル貫通判定が出るので
   煙幕内で動かずに射撃している敵はカモ。
   こちらも出来るようになると巡洋艦・駆逐艦の処理速度が格段に上昇し、通報をもらう事が出来る。

 ・加減速読み
  →敵の加減速を読み、到達予測位置に合わせて射撃を行う事。
   加減速の読み方は煙突の煙を見る方法や魚雷の予測線を使う方法がある。

 これらが出来るようになれば戦艦でも巡洋艦でもなんでもござれのオールマイティプレイヤーに!


●狙う位置
 敵に砲撃を当てる事が出来るようになったら、
 次は敵のどこに当てればダメージを出す事が出来るのかを考えていきましょう。
 (昔バイタルパート図鑑なんてものを作ったけど最近全く手を付けていないのでちょっとは更新したい。)

 狙う位置の基本は腹。敵の腹にぶっ刺せばバイタルパート貫通で大ダメージです。
 しかし普通腹を晒して動く戦艦・巡洋艦なんてのは稀です。
 そのため通常は艦首・艦尾を狙います。
 これは艦首と艦尾の装甲が薄いためです。
 装甲貫通さえすれば大きなダメージが狙えますので
 敵の腹が狙えない状況ならば艦首・艦尾を積極的に狙っていきましょう。


●最後に
 ここに書いた事はごく基本的な事であり、エイムは各々の経験によって精度が上がっていくモノです。
 たくさん経験を積み、その結果をフィードバックして次回に活かす事が大切です。
 エイムに悩む方の助けになれば幸いです。


以上