鈴谷 wikipedia
鈴谷(すずや)は、日本海軍の重巡洋艦[2][3]。 最上型重巡洋艦(二等巡洋艦最上型)の3番艦である[4]。その艦名は、樺太の鈴谷川から取って名付けられた[5][6]。 日本海軍の軍艦としては、通報艦(防護巡洋艦)鈴谷[7](旧ロシア帝国軍艦ノーヴッック)に続いて二代目[5][8][9]。 15.5cm砲搭載の二等巡洋艦(軽巡洋艦)として建造され[10]、後に主砲を20cm砲に換装し重巡洋艦となった。日本海軍の書類上の分類は、戦没まで二等巡洋艦(軽巡洋艦)だった[4]。